本文へスキップ

初めて買うボート・ヨットはあまり無理をせず中古艇がいいかもしれません。

中古ボート・中古艇の購入についてアドバイスするサイト『中古ボートの選び方』

『中古ボートの選び方』では中古ボート・中古艇の購入について解説します。

中古ボート選び

  • 中古艇といえどボートを購入することは金銭的にも大きな決断となります。 安くは無い買い物のうえにそのボートの金額が適正価格なのか、わかりにくいという 理由があるからです。 中古車選びでもそうなのですが、自動車よりもボートの方が状態と価格とのバランスを 判断しにくいのです。 製造されてから何年経過しているか、年式だけではヨットの状態がよくわからない、 年式が同じでもボートの劣化具合が一様でないこともあり、中古価格がそのボートに 見合っているかの判断は素人にはとても難しいものなのです。

船艇の維持費

  • ヨット・ボートの購入は艇体本体価格さえあれば買うことはできますが、その後に 海で遊ぶためには艇体本体の費用以外も用意しなければなりません。 その費用はケースによって異なるので一概には言えませんが、中古艇の場合は特に 思わぬ出費がないよう、購入前に艇体と装備の破損箇所をしっかり確認しましょう。 物件の程度によって修理費用・メンテナンス費用が大きく変動するからです。 購入後に必要になるであろう費用について解説しますので参考にして下さい。
PR ボート用品の通販サイト
ボート用品、マリン用品専門の通販サイト『ネオネットマリン』は業界トップクラスの商品数。
新商品やお買い得商品の情報が満載。
お問合せ専用ダイヤル:0564-56-1000
http://www.neonet-marine.com/class/6190.html

ボート免許

  • ボートの運転をするには一般的にはボート免許と呼ばれている免許が必要です。 これは正式には小型船舶操縦免許証といい、船舶職員及び小型船舶操縦者法によって 定められている国家資格で、国土交通大臣が発行しています。 このボート免許がなければ水上バイク、エンジン付きボートやヨットに乗ることが 出来ませんので、中古艇を買ったり新品で購入する前に取得しておきましょう。

免許の更新・再発行

  • ボート免許の有効期限は5年となっており5年毎に更新しなければ失効してしまいます。 この更新制度は自動車の免許と同じで、身体適性の再確認を行うことによって 船舶の安全航行を確保するために行われます。 免許を取得してから何十年ボートに触れないまま経過している人が、そのまま免許 を持ち続けることは不自然に感じますし、更新制度も当然のことでしょう。 更新手続は有効期限の1年前から行うことができますので、期限の前に忘れず更新 手続きを行うようにしましょう。
PR 愛知でパラグライダー体験 http://soratomo.co.jp/
愛知県豊川市の空ともパラグライダースクール。
女性インストラクターが優しく、安全にアドバイス致します。
三河湾や太平洋の海を見ながらパラグライダー体験ができちゃいます!

ナビゲーション

PR LINKS
◆ラジコン・ドローン通販◆
ファンファンはラジコンカーやマルチコプターを激安価格で販売。国内最大級の品揃え。プロスタッフに何でもお気軽にお尋ねください。
http://www.rc-funfun.com/